読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のモーニング娘。遍歴

私が小学生の頃、女性アイドルといえばモーニング娘。だった。私も姉とともにモーニング娘。にハマり、共に写真を集めていた。その写真を最近母が整理していたらしく、整理したファイルを見てみると、小川真琴さんのゾーンに安倍なつみさんの写真が数枚紛れ込んでいるということがあった。
この時期に私が好きだったメンバーが辻希美さんである。「加護ちゃんです 辻ちゃんです」の寄り目を習得し、10人祭りのこぶしを頭にあてるポーズを写真を撮るたびにしたり、友達からもらったモーニング娘。の鉛筆を辻さんの顔を削らない程度に使ったり、24時間テレビを寝ずに全て見ようと頑張ったりと生活の中心に辻さんがいてモーニング娘。がいた。しかし、モーニング娘。への熱は冷めていく。熱が冷めていった理由は熱しやすく冷めやすいという私の性格とモーニング娘。をテレビで見る機会が減ったことがあると思う。小学生の頃私がモーニング娘。を楽しんでいた主な番組は、うたばん、ハローモーニング、モーたいへんでしたの3つだった。ジョンソンというあだ名が生まれ、「まじでじま」が流行るきっかけになったうたばんは本当に大好きな番組だった。ハローモーニングは最初の頃は何とか早起きして見ていたが、私の住んでいる地域での放送時間がより早い時間に変わりリアルタイムで見るのを諦め録画するようになった。うっかり録画予約をするのを忘れることが多く次第にハローモーニングを見なくなっていった。モーたいへんでしたはゴールデンタイムに放送された番組で、チャンネル権が父にある我が家ではこの番組を見るのは至難の業だった。この番組で記憶に残っているのは石川梨華さんがクリーニング店で見学したときに業務用のアイロンをアイロン台に何度も戻したために温度がどんどん上がってしまいYシャツを焦がしてしまった事件。動揺する石川さんがかわいくてしょうがなかった。
こうして次第にモーニング娘。への熱が冷めていき、ついにはあんなに大好きだった辻さんがモーニング娘。を卒業すると知った時にまったくショックを受けないほどになってしまった。

それから私はジャニーズにハマり、若手俳優集団をかじり、とモーニング娘。およびハロプロからは完全に離れてしまった。そんな私が浪人生だった2012年に姉から「モーニング娘。が今熱い!」と熱弁され、当時の最新曲だったone.two.threeのMVをYouTubeで見てみた。久しぶりに見るモーニング娘。はやっぱりキラキラしていてかわいくて、さらにはダンスのレベルの高さに目を奪われ、瞬く間にハマりほかのMVも漁るように見た。one.two.three出戻り女である。このMVを見たとき一番気になったのはお団子を2つ頭に付けて、衣装に茶色が施された子だった。「愛情もっと 情報もっと 放任なんて 許さない」で後ろからいきなり前に出てきた彼女の移動距離に度肝を抜かれたのと同時に、ほかの子がピンク、赤、青、緑と綺麗な色を身に着けてる中なぜ彼女は茶色なのかと少し不憫に感じていた。後に飯窪春菜だと知る。
それから私は当分推しを決められず、DDとしてモーニング娘。を見てきた。そして仙台イズミティ21でおこなわれた2013年春ミチシゲ☆イレブンSOUL仙台公演にて小学生の頃、行きたくて行きたくて母に懇願し、それでも行くことができなかったモーニング娘。のコンサートに行くことができた。この時はone.two.threeの「愛してる」の時の生田さんの横移動に惚れた。それから何回かコンサートに行き、YouTubeを漁っているうちに佐藤優樹が気になってきている自分に気が付いた。私はまーちゃん推しになるのかといろいろと考えているときに運命のハロコン2015冬Donce Mode仙台公演に行った。つい最近の話である。この時全員で歌ったSay Yeah!~もっとミラクルナイト~のセリフの部分、あの部分をまーどぅーでやった時に私は雷に打たれ、崩れ落ちそうになった膝を何とか伸ばし、必死にペンライトを振りながら私はまーちゃん推しになることを心に決めた。まーちゃん推しとして行ったモーニング娘。´15コンサートツアー春~GRADATION~仙台公演ではまーちゃんの存在感を堪能することができた。席は少し見にくいところだったが見にくい席でよかったと思っている。まーちゃんを存分に見れる席だったら私は生きて帰れなかっただろう。そしてこの公演で、まりあ様の華麗なポニーテール捌きを見ることができてわたし、とっても嬉しいです。

まーちゃんと辻さんには共通点がありすぎる。まーちゃんに辻さんを見ているわけではないが、共通点を見つけるたびに私はまた胸をときめかせる。まーちゃんと辻さんの共通点はまた今度記事にしたい。